アテローム

アテロームが原因で起こる症状

   

アテロームは良性腫瘍

アテロームとは、粉瘤(ふんりゅう)のことで、垢などが皮脂の下の袋状のものに溜まってできる腫瘍です。腫瘍といいましても、良性のものなので小さいものでしたらあまり心配はいりません。定期的に通院し経過観察をすると安心でしょう。

しかし長い時間をかけて大きくなり、自然治癒はしないのでいずれは切除することになると思われます。

アテロームによるみられる初期症状

アテロームは良性の腫瘍ですが、体に症状が出る場合があります。

まず、初期症状として「しこり」がみられます。初期段階は小さく、顔や体などアテロームのできている部分を触った時に気付くことが多いようですが、大きくないので気にせず放置しておいたら治らず後にアテロームだったことに気付くことが多いようです。

最初はニキビと勘違いすることも多いようですが、スキンケアなどを気を付けても改善されず、自然治癒もせず、少しずつ大きくなっていく場合は特に要注意です。
しこりの中央に黒い点があることもアテロームの特徴です。

アテロームが細菌感染することにより起こる症状

アテロームは感染しなければ、炎症を起こすことはありませんが、気にになって触ってみたり、潰してしまった場合や無理やり押し広げてしまった場合などに細菌感染することがあります。感染すると炎症を起こし痛みが出ることがあります。

細菌感染すると、膿がたまり、アテロームがそれまでより大きく(腫れ)ます。炎症を起こした初期段階では触ると痛みを感じる程度ですが、悪化すると触らなくても痛みを感じるほどになります。

炎症から腹痛や嘔吐も

アテロームを潰したりして膿が溜まった場合、アテローム自体が腫れて痛むだけでなく、腹膜炎や胸膜炎、リンパ肝炎などになることもあります。
腹膜炎になることにより、腹痛や嘔吐といった症状が現れることがあります。
アテロームそのものは、しこり以外に症状はありませんが、無理につぶしたりすることによって細菌感染すると、膿が体内に流れ込み様々な場所で炎症を起こしかねません。

気づいたら早めに受診

アテロームの初期段階はニキビのような、脂肪腫のような、私達素人には判断が難しいようです。しかし、なかなか治らない、大きくなっていくなど気になる点があるようでしたら早めに専門医を受診しましょう。経過観察をしていけば大丈夫な状態か、切除するべきか、医師とよく相談しましょう。

自然治癒はしないものなので、炎症を起こさせないようにしていくことも大切ですし、どのようにケアしていくべきかも医師の指示に従うと安心ですね。

 - 知識・情報

  関連記事

no image
アテロームの原因とは

アテロームとは そもそもアテロームとは本来自然に剥げ落ちるはずの垢などの老廃物を …

no image
アテロームの手術

アテロームとは、粉瘤(ふんりゅう)のことをさしますが、本来は自然に皮膚から剥げ落 …

no image
アテロームの治療方法

角質と皮脂が溜まったもの 本来、自然に剥げ落ちるはずの角質や皮脂が、皮脂の下に袋 …

no image
アテロームの摘出手術と入院

アテローム=粉瘤(ふんりゅう)は、垢などの老廃物が皮膚の下の袋にたまったものをい …

no image
アテロームの手術とその後

アテローム=粉瘤(ふんりゅう)とは、本来自然に剥げ落ちる垢などがなんらかの原因に …