アテローム

アテロームが出来やすい場所

   

アテロームとは粉瘤(ふんりゅう)のことで、本来は自然に剥げ落ちる垢や皮脂が剥げ落ちずに、皮脂の下の袋状になったものに溜まってしまったものです。
自然治癒することはなく、長い時間をかけて大きくなります。

しかしアテロームは良性の腫瘍なので、摘出するかは本人次第です。細菌感染すると炎症を起こし局部が腫れ痛みを伴うだけではなく膿が体内にまわり腹膜炎などを起こす危険もあります。
アテロームの原因はわかっていませんが、良性腫瘍だからと放置しておくのも怖い病気です。信頼できる医師に経過観察してもらえると安心です。

アテロームができる身体の場所

アテロームは全身のどこにでもできる可能性があります。しかし、できる場所によりでき方に違いがあるようです。
具体的に説明しますと、毛根形成組織のある場所と、毛根形成組織のない場所によりでき方が違います。

毛根整形組織のある場所の場合

毛根形成組織のある場所というのは、具体的に申しますと腕や背中など毛が生えると予想できる場所のことをさします。
毛根形成組織のある場所にアテロームができる場合、毛根の細胞が老廃物を外に出さないように形を変えて皮になっているといわれています。

毛根形成組織のない場所の場合

毛根形成組織のない場所とは、つまり毛の生えない場所です。具体的には足の裏などが該当します。このような場所にもアテロームはできますが、毛根形成組織がないので、毛根形成組織がある場所とは出来方が異なります。
毛根形成組織がない場所にアテロームができる場合は、傷などにより皮膚の一部分が皮膚の中に入ることが原因で、できるといわれています。

同じアテロームでも、場所により出来方が違うのですね。

アテロームが出来やすい場所

アテロームは全身どこにでもできると言われていますが、特にできやすいのは耳が挙げられます。耳は、やや複雑な形をしており、垢や汚れが溜まりやすい部位です。また耳の後ろには髪の毛が生えていることから、毛根細胞が多いことも影響しているのかもしれません。

アテロームができる原因は、わかっておりませんが垢などが溜まってできるものであることはわかっており、また垢が溜まりやすい耳がアテロームのできやすい部位ということもわかっているので、やはり清潔を保つことが大切ということでしょうか。しかし、同じ状態でもアテロームができる人とできない人もいるわけで、こうするといいということは言えません。

1つ言えることは、気になる「できもの」がある場合は早めに専門医を受診することです。
ニキビか、脂肪腫か、アテロームか、最悪ガンの可能性もあるので、早めに受診すると安心ですね。

 - 知識・情報

  関連記事

no image
アテロームの手術とその後

アテローム=粉瘤(ふんりゅう)とは、本来自然に剥げ落ちる垢などがなんらかの原因に …

no image
粉瘤の臭いとその対策

粉瘤から変な臭いが? 粉瘤(別名:アテローマ)は皮下に皮脂や排出すべき老廃物であ …

no image
アテロームの治療方法

角質と皮脂が溜まったもの 本来、自然に剥げ落ちるはずの角質や皮脂が、皮脂の下に袋 …

no image
アテロームの手術

アテロームとは、粉瘤(ふんりゅう)のことをさしますが、本来は自然に皮膚から剥げ落 …

no image
アテローム炎症起こすと破裂する場合もある

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、粉瘤(ふんりゅう)のことをアテロームとも …